看護部理念

“あらゆる健康レベルの患者さまの立場にたち、いつも笑顔と優しさを忘れず、信頼される看護を提供します”

基本方針

  • 患者・家族と共に考えることを基本とし、温かな人間的配慮をもって患者中心の看護を提供します。
  • 専門職としての知識・技術を高め、安全で効果的な看護を実践します。
  • 多職種との連携を深めたチーム医療を実践します。
  • 地域との連携を促進し、継続した看護を実践します。
  • 自らの健康を管理し、看護者としての品行を高め、仕事に責任を持てるように自己の能力開発に努めます。
  • 働きやすい職場風土の醸成に努めます。

2018年度看護部活動目標

  • 病院経営の健全化に貢献する。
    ①7:1看護体制維持と重症度、医療・看護必要度を見据えたベッドコントロールができる。
    (入院のスムーズな受け入れ、地域包括ケア病棟の活用等)
    ②在宅支援に関連した活動の推進を図る。
    (退院調整、入院前からの患者支援の推進、患者サポートセンターの設置等)
  • 看護サービスの質の向上を図る。
    ①看護ケアの充実と評価の検討
    (ケースカンファレンス、チーム活動、標準化されたマニュアル実践の徹底、多職種カンファレンスの実施)
    ②委員会活動の推進と評価・見直し
    (業務標準化、感染、医療安全、情報管理記録、スキンケア、NST、継続看護推進等)
  • 新人教育及び現任教育における継続教育の充実を図る。
    ①新人看護職員に対する教育体制を推進する。
    (研修企画、教育指導者の育成、看護基準の充実)
    ②クリニカルラダーを推進し、自己の能力を組織に活かせる人材の育成を図る。
    (キャリアデザイン、各部署に教育担当者配置、Off-JTとOJTの連携、レベル別研修の見直し、自己啓発支援、管理者育成)
    ③倫理的配慮ができるスタッフを育成する。
    (接遇、患者へのあいさつ、看護倫理)
    ④病院協会医学会当番病院を機会とし、看護研究に取り組む。
  • 就労環境の整備と推進を図る。
    ①部署内・部署間の応援協力体制、WLB推進部会の取り組み、メンタルヘルスケア
    ②残業時間の短縮、有給休暇取得日数4日以上
  • 災害時の対応について検討する。
    ①緊急時の管理体制、火災発生時、停電時、大規模災害時

看護部長挨拶

看護部長

看護の基本は、相手を思いやる心から始まります。
心身を患う患者さんの立場に立ち、相手を理解し、相手の気持ちに共感できる感性を持ち、 適切なケアが提供できることが信頼に繋がります。そのためには、的確な知識・技術が必要になってきます。

当院は、JR岐阜駅に近接し、交通アクセスに便利な環境にある地域密着型の急性期一般病院です。 看護部の現任教育は、「接遇・倫理」と「経験年数を問わない学習チャンス」に主眼を置いています。
クリニカルラダーを活用し、知識の再確認やキャリアアップを目指す看護師への支援体制に力を入れています。

そして、ひとりひとりの職員がお互いの意見を尊重し合い、高め合うことで、患者さんに安全・安楽な看護が提供でき、 患者さんから信頼され、働きがいのある職場になるよう努力しています。

TOPICS

2018.04.24
2019年度の看護師を募集しています。(締め切りました。
2018.02.15
病院見学会を計画しました。(締め切りました。
2016.11.29
看護補助の募集について
ページトップへ

病院案内

来院される方へ

診療科・部

施設案内

交通アクセス

臨床研修医

職員募集中

 

医療関係者の方へ

連携機関

 

ぷらざ村上

地域医療連携新聞

 

Adobe社へのリンク PDFをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、上のバナーよりダウンロードしてください。