初期臨床研修医

研修プログラムの概要

本研修プログラムは、朝日大学病院を基幹型病院とし、 独立行政法人国立病院機構長良医療センター及び公益社団法人岐阜病院 2協力型病院並びに本巣市国民健康保険根尾診療所の1協力施設とともに運営する。

研修プログラムの目的・特色

本プログラムは、朝日大学病院の理念に基づき、 研修医が医師としての人格を涵養し、将来専門とする分野にかかわらず、 医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に係わる疾患に適切に対応できるよう、 基本的な診療能力を修得し、確かな医療技術を持ちつつ、患者の視点に立った全人的医療のできる医師を養成することを目的とする。
プライマリー・ケアを中心とした基本的な診療能力を身につけることで、日常診療で遭遇する頻度の高い病気や病態に適切に対応できるようにする。
また、消化器内科では内視鏡的手術、循環器内科では心臓カテーテル、外科では腹腔鏡手術及び脳神経外科では脳血管内手術と日常はもとより緊急時にも対応できる環境にあることが大きな特色である。

1.概要

 研修期間は2年間で、1年目は必修である内科系を6ケ月間、救急を3ケ月間研修した後、選択必修科目を3ケ月研修する。
2年目は、必修科目である地域医療を1ケ月間研修した後、選択必修科目を3ケ月間研修し、さらに選択科目を8ケ月間研修する。
なお、このプログラム修了後、評価を満たせば、3年目以降も専攻医として継続して 専門研修を行うことが可能であり、当該診療科の専門医・認定医試験の受験資格を得ることができる。

2.スケジュール

1年次

研修場所 朝日大学病院 長良医療センター 朝日大学病院 朝日大学病院 長良医療センター 岐阜病院
研修分野 消化器内科 循環器内科 腎臓内科 内分泌内科 呼吸器内科 呼吸器内科 救急部 救急部 選択必修科目
予定月と人数 4月 2                    
5月   2                  
6月     2                
7月       2              
8月         2            
9月           2          
10月             2        
11月               2      
12月               2      
1月                 2
2月                 2
3月                 2

選択必修科目

外科(腹部)、脳神経外科、整形外科、眼科、泌尿器科、麻酔科(いずれも朝日大学病院)、精神科(岐阜病院)、小児科、産科(いずれも長良医療センター)、婦人科(朝日大学病院)

2年次

研修場所 根尾診療所 朝日大学病院 長良医療センター 岐阜病院 朝日大学病院
長良医療センター
岐阜病院 根尾診療所 いちだクリニック 岐阜ハートセンター
研修分野 地域医療 選択必修科目 選択科目
予定月と人数 4月 2    
5月   2  
6月   2  
7月   2  
8月     2
9月     2
10月     2
11月     2
12月     2
1月     2
2月     2
3月     2

選択必修科目

1年次と同じ科目の中から選択

選択科目

朝日大学病院
消化器内科、循環器内科、腎臓内科、内分泌内科、呼吸器内科、外科(腹部)、脳神経外科、整形外科、眼科、泌尿器科、婦人科、麻酔科、救急部

長良医療センター
呼吸器内科、呼吸器外科、小児外科、小児科、産科

国民健康保険根尾診療所
地域保健

岐阜病院
精神科

いちだクリニック
形成外科

岐阜ハートセンター
心臓血管外科

3.指導医リスト(協力型病院及び施設を除く)

診療科目 指導責任者 指導医数(上級医も含む)(名)
消化器内科 八木信明(診療部長) 7
循環器内科 瀬川知則(診療部長) 2
腎臓内科 大橋宏重(診療部長) 3
呼吸器内科 舟口祝彦(診療部長) 1
糖尿病・内分泌内科 武田則之(診療部長) 3
放射線診断科 桐生拓司(診療部長) 1
外科・消化器外科 久米真(診療部長) 4
乳腺外科 川口順敬(診療部長) 2
脳神経外科 郭泰彦(診療部長) 2
整形外科 日下義章(診療部長) 7
リハビリテーション科 日下義章(診療部長) 上記に含む
眼科 矢田宏一郎(診療部長) 1
泌尿器科 江原英俊(診療部長) 1
婦人科 藤本次良(診療部長) 1
麻酔科 智原栄一(診療部長) 2
救急部 石澤錠二(診療部長) 2
病理診断科 杉江茂幸(診療部長) 1
放射線治療科 大宝和博(診療部長) 1
総合健診センター 小島孝雄(センター長) 3

評価方法

  • 評価の概略
    初期臨床研修終了時、全診療部門共通の初期一般的臨床研修到達目標(行動目標並びに経験目標) については研修医自ら評価するとともに各科(部門)の指導医が評価し、研修管理委員会が審査並びに研修修了の認定を行う。
    評価の仕方:各項目について次の4段階評価を行う
    • とりわけ優れている
    • 平均を上回っている
    • 平均レベルに到達している
    • 不充分なレベルに留まっている
  • 評価方法
    本研修プログラムでは研修医に対し研修改善を目的とした形成的評価を毎月実施し、 研修終了時に研修達成度と臨床適性度を総括的に評価する。
  • 研修期間中の評価
    研修期間中は行動目標と経験目標について1ヶ月毎に自己評価および指導医による評価を受け研修責任者に報告する。 研修責任者は研修医とその指導医とともに研修状況を評価し研修内容の改善に努める。
    臨床研修のガイドラインに沿った研修ノートが研修医に配布される。研修ノートに研修評価と改善のための方策を記録する。
  • 研修期間終了時の評価
    研修期間終了時には行動目標と経験目標の達成度に加え臨床医としての適性評価を行う。
    研修責任者は研修管理委員会に対して各研修医の研修の達成度と臨床医としての適性について報告する。
    この報告に基づいて研修管理委員会は研修の修了認定の可否について評価する。認定された場合は研修修了証を交付する。
  • 指導体制、研修プログラムの評価
    予め作成した研修評価表により研修医による指導医、指導体制、研修プログラの評価を実施する。
    研修管理委員会は毎年研修医の研修達成度や研修医による研修評価を検討して研修プログラムおよび研修体制の改善をはかる。
ページトップへ

病院案内

来院される方へ

診療科・部

施設案内

交通アクセス

臨床研修医

職員募集中

 

医療関係者の方へ

連携機関

 

ぷらざ村上

地域医療連携新聞

 

Adobe社へのリンク PDFをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、上のバナーよりダウンロードしてください。