村上記念病院における臨床研修の最大の特徴は、少人数制で研修内容に研修医自らの意見が反映され、実践できることです。小回りの利く研修スケジュール、研修医の数が少ないからこそ受ける事ができる先生方からの集中的な指導など、中小規模病院ならではの利点を生かした研修生活を送る事ができます。疑問や質問があれば各科の先生方に気軽に相談でき、他科をローテートしている時でも気にかけていただけるため、とても研修しやすい環境です。 手技の面においても、同時にまわる各科ローテート人数がほぼ1人であるため、やる気に合わせて優先的に数多く経験させてもらえます。 当直は内科、外科、脳外科の各々の上級医とともに行うため、ただ数をこなすのではなく、1例1例フィードバックし知識を吸収しながら取り組めると感じています。

common disesdeを診るために市内病院を選ぼうと考えておりました。岐阜駅から徒歩数分と立地条件が抜群で、すべての診療科がそろっているわけではないが、脳神経外科や腎臓内科など市内で有名な診療科がいくつかあります。また、研修医が少ないことから色々な症例や手技を診たり、行う機会が多いと思い村上記念病院を選びました。

かねてより親交のあった「いちだクリニック」の市田正成先生のすすめで村上記念病院を選びました。私は形成外科を志望しており村上記念病院の協力施設であるいちだクリニックで院外研修が行えるのが魅力でした。また、規模が大きすぎず、研修医の人数も少ないため、研修医一人一人にしっかり教育してもらえ、自分のやりたいことがしっかり学べると考えました。

私は、大学の実習で脳神経外科を見学し、先生方のレベルの高さ、技術、チーム力のすばらしさに感動し研修したい思い決めました。他に内科系・外科系も専門性の高い診療科がそろっており多くのことを学べると感じました。研修は少人数でり、自分の目標に合わせたローテートを組むことができ知識、能力を伸すことができます。私生活においても、岐阜駅周辺の繁華街が近いので、充実することは間違いありません。

初期研修2年目を迎えて言えることは、村上記念病院を研修先に選んで良かったこということです。
研修初期から感じていましたが、定員が少人数であるということは大変メリットが大きく、一人一人の希望や目的に合った研修ができます。また、先生方をはじめ、病院のスタッフの方々との距離が近いので、常に気にかけてもらえます。岐阜が地元ではないので、初期研修を終えたら病院を移ることも考えましたが、指導体制、アットホームな雰囲気に惹かれ、この病院で専門医取得を目指すことに決めました。