診療科・各センターメニュー

光学診療センター

概要

前身となる「内視鏡室」は1984年の開院時から開設されており、30年以上にわたり胃や大腸の内視鏡検査や治療を患者さんに提供してまいりました。近年の医療機器の進歩は目覚ましく、より高度で専門的な医療を提供するため、2013年の改修工事を経て、2017年に「光学診療センター」という組織に改変されました。
当院は日本消化器病学会や日本消化器内視鏡学会の認定施設であり、その中心的役割を担うセンターとして高度で安全な内視鏡検査や治療を地元の皆様へ提供することを方針として、スタッフ全員が日々研鑽に励んでいます。

特色

上部消化管内視鏡や大腸内視鏡だけではなく、胆膵内視鏡、小腸内視鏡、カプセル内視鏡、超音波内視鏡など様々な最新の光学機器を揃えています。内視鏡による検査のみならず、大腸ポリープの切除、早期がんの内視鏡的治療、超音波内視鏡による組織採取、胆膵内視鏡による胆石治療など様々な治療を行っています。
鎮静剤を使用した「楽な内視鏡検査」を提供しています。検査後の休憩のためにリクライニングシートを備えたリカバリー室があります。
緊急内視鏡のため、消化器内科医2名と専属看護師1名が24時間365日オンコール体制をとっています。

取組等

大学病院として、内視鏡による新しい診断法や治療法の臨床試験・臨床調査を行っています。また、全国規模の多施設共同臨床試験や調査にも参加しており、これらを通じて新たな医学的知見の発見に貢献しています。
また、産学連携事業として内視鏡機器メーカーと共同して最新の内視鏡技術開発に取り組んでいます。
このような取組によって、最新の医療機器による検査や新しい技術を用いた治療法を患者さんに提供しています。

ページトップへ

病院案内

来院される方へ

診療科・部

施設案内

交通アクセス

臨床研修医

職員募集中

 

医療関係者の方へ

連携機関

 

ぷらざ村上

地域医療連携新聞

Adobe社へのリンク PDFをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、上のバナーよりダウンロードしてください。