診療科・各センターメニュー

眼科

概要

眼科

眼科では、白内障・網膜硝子体疾患・黄斑変性症・ドライアイ・緑内障及び眼科一般疾患の診断・治療などを行なっています。
白内障の水晶体混濁や網膜の状態を前眼部写真や光干渉断層計(OCT)等の眼底写真を用いたり、必要に応じて蛍光眼底造影(血管造影)を行い、得られた結果を説明し病状を充分ご理解していただいた上で治療を行なっています。白内障手術は通常の白内障のみならず、重症症例の手術治療や全身疾患合併の方は内科などと連携のうえ手術治療を行っております。
白内障手術は近年発展の目覚ましい多焦点(遠近両用)眼内レンズ(人工水晶体)を用いた手術も積極的に行っています。網膜疾患などの硝子体手術は、最新の手術装置や高性能な顕微鏡を取り入れ、手術の合併症・眼球への障害を少なくし早期の社会復帰を目指しています。
また、近年では静脈閉塞症や糖尿病に伴う黄斑浮腫や加齢黄斑変性症に対する抗血管新生療法(抗VEGF製剤治療)を導入し積極的に取り組んでいます。当院眼科では病院機能を生かして患者さんそれぞれの病状に考慮したオーダーメイド治療を心掛けております。

対象疾患
糖尿病網膜症
黄斑上膜
黄斑円孔
網膜剥離
黄斑浮腫
網膜静脈閉塞症
ぶどう膜炎
硝子体出血
眼内炎
加齢黄斑変性症
白内障

対象疾患名をクリックすると詳細ページを閲覧することができます。

診療内容

近隣の眼科診療所や病院から多くのご紹介をいただき、外来診察を行っています。
眼底や網膜断層写真などを用いて、病状をよく理解していただき、手術適応などを相談し、患者さんと共に治療方針を決定しています。 外来では視能訓練士が4人おり、正確な検査データをもとに、診療計画を立てています。 網膜硝子体手術は、4~5日間の入院治療で行っています。
広角観察の手術顕微鏡を使用して、手術中にこれまでより広く明るい視野を確保することにより、 手術の安全性と操作性を上げ、合併症の少ない手術を行っています。
 また、最新の硝子体手術機械を用いて約0.4(27G)~0.45mm(25G)の小切開(切り口)から手術をすることにより、眼球への障害を少なくし術後の炎症なども最小限に抑えることが可能です。白内障手術は基本的には入院治療(片眼1泊2日)で行っております(希望により日帰り入院も可能)。
  手術は最新の白内障手術機械を用いて、2.4mmの小切開超音波乳化吸引術を標準にしており、より小さな傷口からの治療を行っています。また、最近では付加価値の高い眼内レンズ(人工水晶体)を導入し、乱視の矯正(乱視用単焦点眼内レンズ、保険診療)や、多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ、先進医療認定医療施設)も導入しております。料金は片眼22万円(両眼44万円、先進医療費用として)で行っております。(先進医療特約のついた民間保険も有効です。)全身疾患をお持ちの方には、内科などと連携の上安心して手術が受けられるようにしています。また白内障以外の眼疾患(緑内障、角膜疾患など)をお持ちの方で、 手術が非常に困難な方にも対応できるようにしています。

*なお、普段他院眼科に通院中の方で当院眼科への受診を希望する際には必ず受診時にかかりつけ眼科からの紹介状(診療情報提供書)を持参していただくようお願いします。
また、紹介状がなく受診される場合には予約患者・紹介患者さんを優先的に診察するため、日によっては緊急手術等で紹介無しの受診受付を中止したり、待ち時間がかなり長くなることがありますのでご了承ください。
病院機能として、入院や手術を要する重症疾患や緊急疾患の診療を優先させていただきますので御理解御協力をお願いします。
*また当院眼科ではコンタクトレンズ診療およびLASIK(レーシック)治療は行っておりません。

設備紹介はこちら:医療器機紹介 眼科
診療実績はこちら:診療実績 眼科

スタッフ紹介

氏名 職務 専門分野、学会認定等
矢田 宏一郎 准教授 網膜硝子体、白内障、加齢黄斑変性、ドライアイ、緑内障、日本眼科学会専門医
奥村 康代 (非常勤) 眼科一般
野村 僚子 (非常勤) 眼科一般
小池 晃央 (非常勤) 眼科一般
関戸 康祐 (非常勤) 眼科一般
ページトップへ

病院案内

来院される方へ

診療科・部

施設案内

交通アクセス

臨床研修医

職員募集中

 

医療関係者の方へ

連携機関

 

ぷらざ村上

地域医療連携新聞

Adobe社へのリンク PDFをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、上のバナーよりダウンロードしてください。