診療科・各センターメニュー

脳神経外科

概要

脳神経外科

脳神経外科では、脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷の治療に加え、顔面痙攣(微小血管減圧術・ボトックス療法)、 三叉神経痛(微小血管減圧術・薬物療法)、中枢性疼痛(大脳皮質電気刺激療法)といった機能的疾患や頭痛、めまい等の 治療も受け持っています。
さらに低髄液圧症候群や正常圧水頭症といった最近話題になっている疾患の治療経験も豊富です。

対象疾患
脳卒中(クモ膜下出血脳内出血・脳梗塞など)
未破裂脳動脈瘤
頚動脈狭窄
脳腫瘍
頭部外傷
顔面痙攣(微小血管減圧術、ボトックス療法)
三叉神経痛(微小血管減圧術・薬物療法)
中枢性疼痛(大脳皮質電気刺激療法)
低髄液圧症候群
正常圧水頭症
慢性硬膜下血腫

対象疾患名をクリックすると詳細ページを閲覧することができます。

診療内容

クモ膜下出血や脳梗塞などの治療に一刻を争うような疾患を対象にしておりますので、 24時間救急に対応し、来院後1時間以内には治療を開始できる体制をとっております。
最近の脳血管障害の治療は、カテーテルという細い管を用いて、血管の中から動脈瘤に詰め物をしたり(脳動脈瘤塞栓術)、 細くなった血管を広げる(経皮的脳血管形成術)という脳血管内手術と呼ばれる方法が急速に広まってきています。
当科では、日本脳神経血管内治療学会の指導医の資格を持った医師がこの治療を担当いたします。 この治療は患者さんの身体に与える影響が非常に少なく、効果も絶大です。
ただし、全ての脳血管障害にこの治療法が行えるわけではなく、従来の開頭術との使い分けが重要です。
当科では、開頭術と血管内手術の双方に豊富な経験を有する専門医が治療にあたりますので、 それぞれの治療法の利点と欠点をわきまえた上で、個々の患者さんにとって最も適している方法を選択することが出来ます。

設備紹介はこちら:医療器機紹介 共用:脳神経外科
診療実績はこちら:診療実績 脳神経外科

スタッフ紹介

氏名 職務 専門分野、学会認定等
郭 泰彦 教授 脳卒中、脳腫瘍、脳血管内手術、顔面痙攣・三叉神経痛
石澤 錠二 教授 脳卒中、脳腫瘍、脳血管内治療、顔面痙攣
岡 直樹 講師 脳神経外科一般
加納 清充 医師 脳神経外科一般
安田 祥二 医師 脳神経外科一般
山田 拓見 医師 脳神経外科一般
ページトップへ

病院案内

来院される方へ

診療科・部

施設案内

交通アクセス

臨床研修医

職員募集中

 

医療関係者の方へ

連携機関

 

ぷらざ村上

地域医療連携新聞

Adobe社へのリンク PDFをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、上のバナーよりダウンロードしてください。