診療科・各センターメニューー

整形外科・リウマチ科

概要

整形外科・リウマチ科

整形外科では腰痛や関節痛などの慢性の病気から靭帯損傷や骨折などの外傷まで幅広い疾患を治療します。
「リウマチ・人工関節外来」、「膝・スポーツ外来」、「脊椎外来」の3つの専門外来を設けて、 皆さまに分かりやすい医療を目指すとともに、より質の高い医療を提供します。
当院の伝統である骨折などの外傷治療もわれわれが得意とする分野です。 いずれの分野においても最新の医療技術を取り入れて、早期の社会復帰を目指します。
当院では回復期リハビリテーション病棟、そして地域包括ケア病棟を併設しています。
手術を受けた患者さんは急性期病棟で治療を受けた後、必要に応じてこれらの病棟に移っていただき、出来るだけ早く家庭や社会に復帰していただくことを目的として十分なリハビリテーションを受けていただきます。他の大型病院では手術後一定期間を経過するとリハビリテーションのために他院に転院することが多いのですが、当院ではそのようなことはほとんどありません。(対象疾患に制限があります)

対象疾患
関節リウマチ
変形性股関節症、膝関節症など種々の関節疾患
膝前十字靭帯損傷などスポーツ外傷
スポーツ障害
膝半月板損傷
腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
頸椎椎間板ヘルニアなどの頸椎疾患
骨折、靭帯損傷などの外傷
骨軟部腫瘍
手の種々の疾患、外傷

対象疾患名をクリックすると詳細ページを閲覧することができます。

診療内容

リウマチ・人工関節部門:
リウマチ指導医の資格を持つ日下義章医師が中心となって、 関節リウマチや変形性関節症など種々の関節の病気を治療します。 関節リウマチに関しては薬物療法、手術療法、そしてリハビリテーションによる治療を 一元的に管理して最大限の治療効果を目指します。 変形性関節症に関しては装具療法や運動、薬物療法を基本としますが、必要な場合には手術的に治療します。
手術療法としては、人工股関節、人工膝関節、人工肘関節など人工関節置換術のほかに、 種々の関節形成術を実施して良好な成績を挙げています。
関節可動域が維持されている変形性膝関節症に関しては、内反膝(O脚)など膝関節の変形を骨切り術により矯正し、膝関節を温存して治療する方法を積極的に実施して良好な成績を収めています。

膝・スポーツ部門:
担当の塚原隆司医師が中心となって、一流の競技レベルの選手から 趣味のスポーツレベルの皆さまで、広い範囲でスポーツに関連した外傷や運動器障害を治療します。 スポーツ整形外科では早期に高いレベルへの機能回復を目指しますが、 このような高度な医療技術を一般の患者さんにも積極的に還元しております。 特に膝関節の十字靭帯損傷に対する治療では、関節鏡を使って小さな皮膚切開により靭帯を再建し、 スポーツを含めた機能復帰を早期に可能にします。
塚原医師は、朝日大学のスポーツドクターをはじめとして中日ドラゴンズやFC岐阜のチームドクターなどとして幅広く活躍しています。

脊椎部門:
椎間板ヘルニアや脊柱管窄症そして脊椎外傷など種々の脊椎の病気や外傷を診断・治療します。 この分野は脊椎・脊髄疾患指導医である今泉佳宣医師が中心になって担当しています。
今泉医師は数多くの脊椎疾患を経験した指導医で、高い専門知識と技術を持っています。脊椎外科は極めて繊細な手術手技が求められる分野ですが、今泉医師は 当院に20年以上在籍し多くの患者さんの手術治療を担当して確実な治療成績を挙げています。

骨折外傷部門:
骨折は伝統的に朝日大学病院が得意とする分野です。 新しい治療方法を積極的に取り入れて、可能な限り早期に社会や家庭に復帰できる治療方法を選択します。 他の部門でも同様ですが、当院にある回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟を可能な範囲で最大限に活用して、十分なリハビリテーションを実施した上で退院して頂くことを基本としています。


自己血輸血:
献血により集めた輸血による感染症や副作用が問題となっています。 当院では従来から自己血輸血を積極的に推進して このような輸血による問題が起こらないように努めてまいりました。
自己血輸血とは、手術まえに患者さんの血液を採って保管しておき、 手術により血液が不足した時点でこの血液を患者さんに返す方法です。 必要な場合には手術中や手術後に出血した血液も回収してセルセーバーという器械を用いて血液を洗浄することにより再び体内に戻すことが可能です。 これらの方法を用いれば、多くの場合献血によりいただいた血液を用いることなく安全に手術を受けることが可能です。

深部静脈血栓症、肺塞栓症の防止策:
手術後の合併症として深部静脈血栓症や肺塞栓症が問題視されています。 これらはエコノミークラス症候群と同様の病気で、手術の後に起こりやすいとされています。 当院では安全な手術を目指し、積極的にこれらの合併症に対する予防策に取り組んでいます。 深部静脈血栓症は主に下肢の静脈の中で血液が凝固して詰まる病気です。 症状としては軽いものでは足のむくみ程度ですが、 ひどい場合はふとももから足にかけて強い腫れと痛みを来たします。 この血栓が血流に流されて心臓へ向かって移動すると、今度は血栓が肺動脈に詰まります。 これを肺塞栓症と言います。 肺は人体が酸素を取り込む上できわめて重要な臓器であり、重症の肺塞栓症は致命的な場合もあります。
当院ではこれらの合併症を予防するために以下のような対策を講じております。

  • 術後早期のリハビリテーションによる下肢の運動
  • 血栓を予防するための抗凝固剤の処方
  • 足の静脈を周期的に圧迫して下肢の循環を良くする装置(インパルス)や圧迫ストッキングの使用

いずれの部門においても確実な診断・十分なインフォームドコンセントに基づいて治療方法を決定し、 安全な治療を実践することを心がけています。

設備紹介はこちら:医療器機紹介 整形外科
診療実績はこちら:診療実績 整形外科

スタッフ紹介

氏名 職務 専門分野、学会認定等
日下 義章 教授 関節リウマチ、その他関節疾患
大友 克之 教授 骨、軟部腫瘍、手の外科
塚原 隆司 教授 膝疾患、スポーツ外傷
今泉 佳宣 教授 脊椎外科
青芝 秀幸 准教授 脊椎外科、整形外科一般
河合 亮輔 講師 整形外科一般
塚田 誠 講師 整形外科一般
前田 昌俊 講師 整形外科一般
足立 啓 医師 整形外科一般
川島 至 医師 整形外科一般
山賀 寛 客員教授 スポーツ外傷
市田 正成 (非常勤) 形成外科
堀 義紀 (非常勤) スポーツ外傷
中島 洋 (非常勤) リウマチ内科
酒井 忠博 (非常勤) 肘・肩疾患
山賀 篤 (非常勤) 整形外科一般
ページトップへ

病院案内

来院される方へ

診療科・部

施設案内

交通アクセス

臨床研修医

職員募集中

 

医療関係者の方へ

連携機関

 

ぷらざ村上

地域医療連携新聞

Adobe社へのリンク PDFをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、上のバナーよりダウンロードしてください。