診療科・各センターメニュー

消化器内科

概要


消化器疾患全般にわたり、新しい医療機器や技術を積極的に取り入れ、つねに精度の高い診療を行うよう努めています。内視鏡診療を基本に、超音波検査、X線造影検査、血管造影検査などを行い、外科や放射線治療科との綿密な連携のもと、総合的に消化器疾患の診療を行っています。私たちは以下に示す方針を常に尊守します。

  • 患者さんの意思を最大限尊重し、患者さん中心の温もりのある医療を行います。
  • 消化器内科として専門性の高い医療を提供するため知識・技術の向上に努めます。
  • 安心・安全で高度な医療を実践します。
主な対象疾患
食道の疾患
逆流性食道炎、食道静脈瘤、食道癌
胃の疾患
胃潰瘍、胃ポリープ、胃癌、慢性胃炎、
ヘリコバクターピロリ感染症、機能性
ディスペプシア
小腸の疾患
小腸出血、小腸腫瘍、腸閉塞
大腸の疾患
大腸ポリープ、大腸癌、過敏性腸症候群、
クローン病、潰瘍性大腸炎、大腸憩室出
血・憩室炎、虚血性大腸炎、便秘症
肝臓の疾患
脂肪肝(NASHなど)、ウイルス性肝炎、
肝硬変、肝臓癌、自己免疫性肝疾患
膵臓の疾患
急性膵炎、慢性膵炎、膵管内乳頭粘液性
腫瘍(IPMN)、膵臓癌
胆嚢・胆管の疾患
胆嚢胆石症、総胆管結石、胆嚢癌、
胆管癌、閉塞性黄疸、急性胆嚢炎、
胆嚢腺筋腫症、胆嚢ポリープ

診療内容

消化器内科は食道・胃・十二指腸・小腸・大腸などの消化管や肝臓、膵臓、胆道など食べ物の消化に関わるお腹の臓器の疾患を担当しています。通常内視鏡検査に加え、色素内視鏡検査や特殊光による画像強調内視鏡検査、拡大内視鏡検査など質の高い内視鏡診療を行い、胃や大腸の癌を小さな早期の段階で発見することによって内視鏡治療で完治させています。
潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患については、従来の内服療法のほかに白血球除去療法や抗TNF-α抗体など生物学的製剤を使用した治療を行っています。胆嚢炎に対する緊急ドレナージや、総胆管結石に対する内視鏡的な採石術も行っています。B型慢性肝炎やC型慢性肝炎に対する抗ウイルス療法を積極的に行っています。
肝臓癌に対しては質の高い超音波検査やCT・MRI検査を行う事で早期発見に努め、ラジオ波焼灼術やカテーテルによる肝動脈塞栓術などの治療を行っています。
また、切除不能な消化器癌に対する抗癌剤治療や放射線治療、ステント留置術を行っています。消化管出血や急性腹症などの救急疾患に対しては、24時間365日いつでも緊急内視鏡検査・処置ができる体制を整えています。

光学診療センターはこちら:診療科・部一覧 光学診療センター
設備紹介はこちら:医療器機紹介 消化器内科
診療実績はこちら:診療実績 消化器内科

主な検査と治療について

検査と治療
早期胃癌の診断
早期胃癌の内視鏡的治療
ヘリコバクターピロリ菌の除菌療法
胃ろうの造設、交換
胃食道逆流症
機能性消化管障害
炎症性腸疾患
小腸内視鏡
大腸ポリープ、早期大腸癌
消化管出血
便秘
ウイルス性肝炎に対する治療
肝臓癌の非外科的治療
閉塞性黄疸
胆道結石
超音波内視鏡下穿刺吸引術(EUS-FNA)

疾患名、検査・治療法名をクリックすると詳細ページを閲覧することができます。

スタッフ紹介

氏名 職務 専門分野、学会認定等
八木 信明 教授 消化器内科学、内視鏡診断・治療
小島 孝雄 教授 消化器内科学、肝胆道疾患
大洞 昭博 教授 消化器内科学、肝疾患、内視鏡検診
尾松 達司 准教授 消化器内科学、消化管疾患、炎症性腸疾患
安田 由里子 講師 消化器内科学、内視鏡治療
中畑 由紀 医師 消化器内科学
安田 剛士 医師 消化器内科学
林 完成 医師 消化器内科学
福田 信宏 (非常勤) 消化器内科学、特に大腸疾患、炎症性腸疾患
北江 博晃 (非常勤) 消化器内科学
ページトップへ

病院案内

来院される方へ

診療科・部

施設案内

交通アクセス

臨床研修医

職員募集中

 

医療関係者の方へ

連携機関

 

ぷらざ村上

地域医療連携新聞

Adobe社へのリンク PDFをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、上のバナーよりダウンロードしてください。