診療科・各センターメニュー

糖尿病・内分泌内科

概要

糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科では、糖尿病と甲状腺の病気を主体とした診療を行っています。 稀なホルモンの異常による病気の診断や治療も担当しています。

対象疾患
糖尿病
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
甲状腺機能低下症
橋本病
甲状腺腫瘍
クッシング症候群
末端肥大症
下垂体腫瘍
無月経・乳漏症候群
下垂体機能低下症
副腎腫瘍

診療内容

外来診療と入院診療について説明します。

【外来診療】
外来は月曜日から土曜日まで診療しています。

糖尿病について
糖尿病の治療は継続が重要です。 家庭生活・社会生活の中で良好な血糖コントロールを維持することが糖尿病の合併症を防ぐためにとても大切です。 食事や運動など生活習慣のチェックとアドバイス、 薬物療法の注意、インスリン注射の技術指導、自宅での血糖測定など、 糖尿病療養生活に必要なサポートを皆様に提供できるよう医師、看護師、栄養士、薬剤師、 検査技師など多くの病院スタッフが連携して診療しています。

甲状腺について
甲状腺の病気についても、基本的には外来治療が主体です。 甲状腺の病気の治療は、長期継続や定期的チェックなどが必要です。 3ヶ月~1年に1回の受診であっても、 リアルタイムで甲状腺機能の評価ができるよう診察前に採血すれば甲状腺関係の血液検査のうち主な項目は、 診察時には判明する体制になっています。

内分泌について
内分泌科はホルモンの異常による病気を診療する科と言う意味で、 脳下垂体や副腎、副甲状腺などの病気を対象としています。ホルモンは体の多くの生理機能の調節に関係しています。 生理異常、性欲低下、肥満ややせ、温度調節異常、体毛異常、原因不明の活力低下など、 体のどこが悪いかよく分からないけど調子が悪い時はホルモンの異常の可能性も考えてください。 私達はホルモン異常による病気の診療経験が豊富ですのでお気軽にご相談ください。

【入院診療】
糖尿病治療に必要な基礎知識や技術取得を目的とした教育入院、血糖コントロール改善のための 集中治療を目的とした入院、合併症の検査や治療のための合併症入院に分けています。 それぞれの入院目的に沿った入院診療メニューが設定されており効率よく治療を受けることができます。
入院中の糖尿病治療の中でも特にインスリン治療は安全かつ適切な血糖コントロールができるよう 非常に精密なインスリン治療方式を導入しています。食事摂取が不安定な方や、 食事摂取が困難で輸液管理中の方、手術後で血糖上昇しやすい方などでも安全に良好な血糖コントロールが得られます。 インスリン治療に関しては朝日大学病院の全診療科の入院患者さんに対して私達が治療を担当できる体制になっています。

【糖尿病教室】
糖尿病の療養をうまく行なうためには、糖尿病に関する知識の獲得が大切です。 糖尿病教室では糖尿病がどのような病気であるか、糖尿病はなぜこわいのか、 治療の要点や注意などわかりやすくお話しします。糖尿病教室は医師、栄養士、薬剤師、看護師などの 病院の様々なスタッフによる糖尿病療養生活の支援活動でもあります。

スタッフ紹介

氏名 職務 専門分野、学会認定等
武田 則之 教授 糖尿病内分泌疾患
佐々木 昭彦 教授 糖尿病内分泌疾患
杉本 美雪 講師 糖尿病内分泌疾患
梶浦 康平 医師 糖尿病内分泌疾患
ページトップへ

病院案内

来院される方へ

診療科・部

施設案内

交通アクセス

臨床研修医

職員募集中

 

医療関係者の方へ

連携機関

 

ぷらざ村上

地域医療連携新聞

Adobe社へのリンク PDFをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、上のバナーよりダウンロードしてください。