各センター・診療科メニュー

薬剤部

薬局理念

われわれは、すべての患者さんに対して安心してお薬を使用していただけるように、医師や看護師等の医療スタッフと連携を取りながら、薬の専門家として薬物治療の安全性・有効性の確保に努めます。

概要

薬局では、外来および入院患者に対する処方の調剤、診療科に対する注射薬の供給、医薬品の発注・納品・保管・管理、麻薬など法的規制のある医薬品の特殊な管理、患者さんや医療従事者に対する医薬品情報の提供、入院患者を対象とした薬剤管理指導業務などを行っております。
さらに、全面的に抗がん剤の無菌調製やレジメン管理、持参薬確認などを展開するとともに、外来化学療法にも薬剤師を配置し、患者さんの薬物治療に貢献できるよう更なる充実を目指しています。

業務紹介

外来・入院調剤 注射薬調剤 医薬品情報管理
薬剤管理指導 外来化学療法  

外来・入院調剤:
薬剤部 電子カルテの導入により、用法・用量、相互作用、投与禁忌、重複投薬などの自動チェックが可能となり、安全性の向上が図れました。それ以外でも疑問点があれば、積極的に疑義照会を行っています。 ほとんどの外来のお薬は、病院内でお渡しするよう院内処方で対応しています。外来患者さんへは文書およびおくすり手帳に貼るシールを発行し、自己管理、薬歴、重複投薬、相互作用などの確認に役立てていただいています。また、調剤室の「お薬相談窓口」では、吸入器の使用方法など様々なお薬についての問い合わせにもお気軽に相談、対応できるようになっています。 入院調剤は、臨時処方せん、定期処方せん、退院処方せんを扱い、外来調剤と並行して調剤を行っています。入院患者さんへは、病棟の看護師、医師と連携をとり、一人一人により良い状態で服用していただけるよう、一包化、粉砕などを随時行っています。 患者さんとより近くで向かい合い、安心してお薬を服用していただけるよう取り組んでいます。

注射薬調剤:
薬剤部 医師がオーダした処方箋に基づき患者さんごと、1施用ごとに注射薬をセットし、注射ラベル(患者名、薬品名、数量等が印字されている)を貼付して、全病棟と外来に払い出しており、注射薬の投与量、投与時間、投与期間、配合変化、投与方法については随時確認を行っています。 特定抗菌薬(カルバペネム系薬、抗MRSA薬)については届出制を行い、適正使用に努めています。特に抗MRSA薬についてはTDMを行い、初期投与量の設定と至適投与量・用法を解析して、医師に情報提供しています。 また、院内全ての抗がん剤を安全かつ正確に投与するために、薬剤師が安全キャビネットにおいて無菌調製を行っています。投与前日までにオーダされたレジメンを処方鑑査し、患者さん毎にセットしておきます。投与当日に投与決定すると、迅速に調製して払い出します。また揮発性の高い抗がん剤を調製する場合は、閉鎖式デバイスを使用して、より安全に調製するよう心がけています。

医薬品情報管理:
薬剤部 医薬品に関する情報は、副作用、用法・用量、他の病院でもらった薬、後発医薬品についての情報、注射剤の投与方法、配合変化についての情報など多岐にわたっています。 また、医療用薬品のみならず、市販薬、健康食品などの情報も把握する必要がありますので、 それらの情報を収集・管理し、必要時には適切な情報を病院スタッフや患者さんへより早く正確に伝えることができるよう、ファイリングあるいはコンピューター検索できる様式にしておきます。併せて過去の問い合わせ内容についてもデータベース管理をしています。 DIニュースを2ヶ月に1回程度発行し、情報提供を行います。また速やかに伝えるべき情報(緊急安全性情報、安全性速報、自主回収情報 等)は、都度資料を作成し、配布しています。これらの情報は電子カルテシステム上からも閲覧することができます。 相手が求めている情報を、より早く正確に伝えることを心がけています。

外来化学療法:
薬剤部 外来化学療法室で治療を受ける患者さんや内服抗がん薬(ホルモン剤含む)を処方される患者さんに治療内容や副作用などの説明を行っています。副作用発現状況を把握するために患者さんが記録した「治療ダイアリー」を確認し、必要に応じて医師に薬の処方提案や患者さんへの助言を行っています。また、外来化学療法室の直通電話で患者さんからの質問・相談に応じたり、医師、看護師とのカンファレンスで患者さんの情報を共有することで、より安全ながん化学療法が行われるよう努めています。

薬剤管理指導:
薬剤部 各病棟に担当薬剤師を配置し、患者さんの持参された薬の確認、投与量や相互作用のチェック、治療効果や副作用のチェックなどを行い、薬の適正使用に努めています。入院患者さんやご家族に対する薬の説明、自己注射指導、吸入指導などを積極的に行っています。病棟に滞在することで他職種スタッフの質問・相談に随時対応し、患者さんの情報を共有することで、適切な薬物治療に貢献できるよう努めています。 また、患者さんが安心して治療を受けていただけるよう、ICT(感染対策チーム)やNST(栄養サポートチーム)などチーム医療にも積極的に参加して、他職種と連携を図っています。

ページトップへ

病院案内

来院される方へ

診療科・部

施設案内

交通アクセス

臨床研修医

職員募集中

 

医療関係者の方へ

連携機関

 

ぷらざ村上

地域医療連携新聞

Adobe社へのリンク PDFをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、上のバナーよりダウンロードしてください。